神中・神高・希望ヶ丘高校同窓会

桜蔭会

総会報告

平成28年度
同窓会桜蔭会総会報告 及び 一般財団法人桜蔭会定時評議員会報告

 平成28年5月29日(土)。平成28年度同窓会桜蔭会総会が、母校希望ヶ丘高校で開催されました。
 会長挨拶の後、鴫原ふみ子校長より「10月4日に、4年前にも実施された『職業ワ-クショップ』(生徒が希望する職業に就いていらっしゃる方からお話しを伺う機会)を予定しているので協力して欲しい。又、母校創立120周年記念誌作成に向けても協力をお願いしたい。そして毎年新入生に配布している資料に同窓会桜蔭会の情報を記載したいので内容について一緒に検討していきたい。」等と学校と同窓会の連携強化に向けて心強い話をいただきました。又、出席者からは学校へ「会報発送作業、校歌祭への参加、定時制の会員入会への促進の声掛け」等の協力要請の意見や、ここ数年行われていない「中・高合同懇親会」の再開を望む声もあがりました。その後審議が行われ、議案全てが可決承認されました。

平成28年度
同窓会桜蔭会予算大綱
(平成28年4月1日から平成29年3月31日)

【方針】

 今年の同窓会桜蔭会活動も、“和して明るく”をモット―に各事業を計画実施する。同窓会の三大事業は、母校での観桜会、中・高合同懇親会、青春 かながわ校歌祭であるが、若い世代への参加を呼びかけ、又、オールJクラブ新年会等と連携を図り、活発な事業展開をする。記念祭への参加については、年々充実され桜蔭会コ-ナ-への入場者も増加しつつある。同窓会事業、一般財団法人事業を多くの方に、認知されるようPRする。

平成27年度
同窓会桜蔭会事業報告
(平成27年4月1日から平成28年3月31日)

  • 平成27年度の事業は、中・高合同懇親会を除き、計画通り遂行した。
  • 母校の旧体育館の屋外時計を、第16回観桜会のカンパと、オ-ルJクラブ運動部新年会のカンパを合わせて、寄贈した。
  • 全体の事務局を担当している「青春 かながわ校歌祭」も10回を終えて、その記念誌を発行した。

平成28年度
一般財団法人桜蔭会予算大綱
(平成27年4月1日から平成29年3月31日)

【方針】

 一般財団法人への移行時の主要な実施事業(継続事業)、公益事業であり、今年度は活発な事業展開が執り行われ、計画を満足しつつある。
 公益事業は、事業の目的である、「文化および芸術の振興並びに地域社会の健全な発展に寄与する」を理念とし事業展開されている。各事業とも魅力があり、内容も充実しているので今年度もより活発な組織的展開を図り、より多くの参加者を募る。
 会館の移転については、今年度、移転を前提に「移転実行委員会」を設置し検討し答申する。

平成27年度
一般財団法人桜蔭会事業報告
(平成27年4月1日から平成28年3月31日)

  • 平成27年度の事業は計画通り遂行した。
  • 一般財団法人の主たる実施事業(継続事業)も活発な事業活動がなされた。特に自然観察会は、回を重ねるごとに人気が出て参加人数が増加した。また、音楽会も初めてプロのタンゴ演奏者を招き、大変な好評を得た。
  • 収益事業(駐車場、会館賃貸)も計画を満たしている。

copyright© 2014 一般財団法人桜蔭会 all rights reserved.