神中・神高・希望ケ丘高校同窓会

桜蔭会 公式サイト

桜蔭会リサイクル募金

同窓会桜蔭会・一般財団法人桜蔭会が嵯峨野株式会社の「リサイクル募金きしゃぽん」に加盟(協働契約)し、「桜蔭会リサイクル募金」を2020年10月より始めました。この募金は、皆様から読み終えた本・DVD等をご提供いただき、その査定換金額が桜蔭会に寄付される仕組みです。寄付金は母校への支援をはじめとし同窓会・一般財団法人が行う各種事業及び運営に役立てられます。皆様のご支援をお願い申し上げます。

申込みから寄付までの流れ

会長のご挨拶

手塚誠会長

 母校は今年令和4年で創設125年を迎え、現在2万人近い会員が各種の分野で大活躍をしています。同窓会の諸行事や会合は、各々の分野で活躍する会員が知り合い、交流を広げていただく機会となりますので、是非とも参加をしていただきたいと思います。

一方、参加をした人たちがリピ-タ-となり、更なる新たな参加者を呼び込む発信源となるような楽しい魅力ある事業や催し物を企画していくことも肝要と考えています。そのためには、事業の成果をきちんとフィードバックして、会員のさらなる関心と参画を引き起こすことが必要であると考えています。

学校との連携を密にすることも同窓会の大きな課題で、卒業生と将来会員になる現役生徒との交流を密にし、同窓会を身近に感じていただけるようにする必要を感じています。同窓会の母校支援活動を現役生徒にアピ-ルすることも重要です。各部活動のOBOG会も、現役部員諸君を多々支援しています。

同窓会の運営は、会費によって賄われています。会員の皆様におかれましては、1人でも多くの方の会費納入をお願い致します。同期会等のイベントで、お互いに声を掛け合っていただければ幸いです。

財団法人桜蔭会につきましては、法律改正に従って、平成24年4月1日から一般財団法人桜蔭会に移行し、再スタート致しましたが、健全な財政状況で運営されています。

一方、一般財団法人桜蔭会の事業につきましては、同窓会桜蔭会が全て協賛していますので、同窓会員の皆様には是非ご参加いただきたいと思います。

現在コロナ禍のために、各事業、各行事が制約されていますが感染状況を注視しつつ、穏やかな収束に合わせて活動を再開したいと思います。

同窓会、一般財団法人ともに、事業のより一層の活性化を図り、多くの皆様に参加いただけるように企画の充実化、事業の運営、活動をいたしたく、皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

                                令和4年7月

                             同窓会桜蔭会 会長

                         一般財団法人桜蔭会 代表理事

                              手塚 誠(高21回)

                         



copyright© 2014 一般財団法人桜蔭会 all rights reserved.