各種バネ製造の日生発條株式会社

会社概要

最新鋭の設備で高品質・コスト・納期・思いやりは何処にも負けません。

各種バネ製品

会社名 日生発條株式会社
創業 1972年(昭和47年)7月
所在地 〒224-0042
本社 神奈川県横浜市都筑区大熊町65-6
第2工場
第3工場
TEL 045-472-5895(代)
FAX 045-472-3059
代表者名 代表取締役 武山 義正
資本金 1,000万円
事業内容 線ばね
(押しバネ・引きバネ・ねじりバネ・電池バネ)
線加工 (ワイヤーフォーミング・特殊形状バネ)
板ばね・組み立ての設計・製造・販売
主要取引先銀行 みずほ銀行溝ノ口支店・横浜信用金庫新羽支店
主要製品分野 自動車関係・OA機器・医療機器・電気機器・弱電機器・防衛庁・情報機器・農機具機器・
動物捕獲罠・遊技台の付属機器・産業分野・その他特殊バネ

社屋

■会社沿革

昭和37年 バネ製作所入社。10年間バネの技術を習得
昭和47年 武山義正が独立 川崎市高津区久本に於いて、武山義正の個人経営にて日生発條製作所を創業
昭和52年 有限会社日生発條製作所を設立 資本金150万円
昭和54年 横浜市都筑区に移転 NCコンピューターマシンの導入
資本金1000万円に増資
有限会社日生発條製作所から、日生発條株式会社に組織変更
平成3年 本社工場隣接地に、第二工場を立ち上げ
機械の増設及び生産拡大の為、NC制御自動機とNCフォーミングマシン機の設備増強を図る
平成15年 本社工場隣接地に、第三工場を立ち上げ
最新鋭のNCフォーミングマシン機を導入

経営理念

わたしたち日生発條は、最先端の技術力と創意工夫で、世界一のバネ製造業を目指します。
お客様の安全と安心に貢献できることに誇りを持ちます。
社員一人一人が仕事を愛し、高い倫理観、奉仕する心、感謝の心を持ちます。
人と環境に優しく、地域社会に貢献できる、次世代にとって魅力のある企業を築きます。

経営方針

■五訓

「高品質」「納期」「コスト」「技」「心」の五訓を常に心に抱き、謙虚な気持ちでお客様の立場になって真剣に考え、最高品質のバネを提供します。

1 高品質
創業当時からの、“品質は無言の信用と財産”をモットーに、お客様に感謝の心を持ち、常にご満足いただけるように徹底した品質管理を行います。
品質維持のため、最新鋭の設備、測定機器、整った作業環境で、“ものづくり”を行います。

2 納期
お客様にご満足いただけるように、奉仕の心を持ち、厳しい納期にも、いつでも対応します。
企画、設計、製作、納品、アフターフォローまで、速やかに対応します。

3 コスト
コンピューター制御による最新鋭の設備により、製造の無人化や高速生産を行い、低コストを実現します。従来型の機械もフル活用し、ご要望に応じたコスト提案を行います。

4 技
バネひと筋50年の実績と技術を武器に、熟練した職人が対応します。製品の設計から試作、量産まで、図面が無くてもサンプルを作成できます。
また最新鋭のバネ成型機も積極的に導入し、職人の技を更に高めます。

5 心
【社員の心】会社を想い、生活の基本、当たり前の事、決め事は、きっちりと実行します。
      “現場の改善力は製造業の力”積極的にアイディアを出し、改善力を高めます。
【会社の心】世の中にとって、バネは必要不可欠な存在といっても過言ではありません。
      一人でも多くの方に当社のことを知っていただけるよう、匠の心を持ち、日本の伝統でもある、“ものづくり”に精魂こめて更なる技術力
      の向上を目指します。
      また愛する地球のために環境に優しい“ものづくり”を目指します。