有限会社テクノツー|モノ作り効率化支援

有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー 有限会社テクノツー

モノ作り効率化支援

日本国内でのモノ作りは国内製造業が高成長をとげていた時期から比較すると弱体傾向に有り、生産現場に極力お金を掛けない製造技術(人・モノ・仕組み・方法等)の効率化でモノ作りの生き残り戦術を支援します。
モノ作りの基本は「必要なときに、必要なモノが、必要な量だけ作る」ジャスト・イン・タイム生産方式(J・I・T生産方式)を活用したモノ作りが効果的です。
J・I・T生産方式を行うに当たり従来と違った方式が多いので社内の「意識改革」体制を構築し、トップ方針に従い活動しないと計画倒れになることが多いです。
トップ基本方針の明示で各部署の目標金額を設定し、生産現場に潜むムダを 徹底的に取りさり「製造原価低減」を行い、成果が目標に対しどれだけ上がったかを集計し成果を明確にする方式を取ります。
J・I・T生産方式で身近なムダ取りは「7つのムダ取りと6つの効率化α」に着眼して ムダを徹底的に取りさることです。
J・I・T生産方式活用で原価低減が実現し営業利益率向上につなげ、更なるレベルアップにつなげるセミナーや現場実践を事例になるまで支援します。

J・I・T生産方式 モノ作りの差別化戦略

J・I・T生産方式 モノ作りの差別化戦略

7つのムダ排除+効率化のαで生産現場をより効率化する

7つのムダ排除+効率化のαで生産現場をより効率化

J・I・T生産方式の機能

J・I・T生産方式の機能

  • J・I・T生産方式活用で原価低減活動を進めると2つの知識、3つの技能が養われ組織の活 性化と改善活動の効率化が図かれます。
  • 導入段階では簡単な改善から着手し、徐々にレベルの上がった改善につなげることが可能 になります。

改善計画作成から改善メニュー決定までの流れ

会社方針と目標の設定 → 各課に目標金額提示 → 各課は具体的な改善メニュー立案
→ 課員に改善計画共有化 → 修正後改善案決定 → 役割分担決定 → 計画承認 → 実施
→ 計画がずれた時は方向修正 → 月度実績集計 → 効果確認集計 → 年度末結果集計
→ 年度末結果発表

改善案討議風景

改善案出し状況

メンバーにアドバイス

班長による改善案の説明会

事前に改善メニューを目標金額以上出し、実際に改善例になるように容易周到準備する。
課メンバーに改善活動をどのように行うか事前に周知し全員参加で改善活動に取り組む。
月末、期末に必ず実績集計を行い確実に計画に対する実績を集計し結果を明確にする。
計画の途中で変化が有るときはタイムリーに修正を行いPーDーCーAを確認する。