コスメ購入の手引きとなるページ
コスメ購入の手引きとなる記事

生ビタミンCの美容液の効果

効果を実感するページ

近ごろ、ビタミンCが再び注目を集めており、
生ビタミンCの美容液が人気です。
数あるコスメの中から、
あなたに適した製品の選び方や使い方、そしてそれらの製品の違いまで、
ていねいに解説いたします。

本サイトで
わかること

「口コミを見た」「デザインがよかった」「雑誌でみつけた」「芸能人やインフルエンサーが使っていた」など、特定の化粧品を使ってみたくなる理由はさまざまです。
しかし、どれも目的は同じ、「お肌に実感を得ること」なんだと思います。そのために「いま気になるコスメがどんな製品か?」を知ることがたいせつです。コスメの購入前に役に立つページです。

運営者情報このサイトは、20年にわたってスキンケアを開発してきたスキンケアファクトリ―が、長年培ってきた知見をもとに「ビタミンCを実感する」ことにフォーカスした化粧品の見つけ方、選び方を解説します。ぜひ、あなたに合った化粧品を見つけてください。

なぜ化粧品を使っても効果が実感できなかったのか?

ビタミンC化粧品は、美肌成分としてさまざまな美容効果が期待される人気アイテムですが、「期待外れ」「なにも実感できなかった」という人もいらっしゃいます。
この理由をわかりやすく解説します。
一番の理由は「化粧品選び」ですが、間違いのない化粧品を選んでも効果が得られないこともあり、ほかにもさまざまな要素が関与しています。
評価する際には、以下のポイントも考慮しましょう。

美容液イメージ
この記事からわかること

この記事では、効果が実感できない理由と具体的な事例を紹介しています。
効果的なスキンケアには、

  • 個人の肌質や状況に合わせた化粧品選び
  • 正しい使い方や保管
  • 継続的な使用

が不可欠です。
ぜひ、これらのポイントを参考にして、より効果的な化粧品の選択とスキンケアを実践してください。

メーカーが指定した用法容量を守っていますか。
たとえば、使用量が少なければ、それだけ実感を得にくくなります。
また、使用順序について、たとえば、油性の化粧品(クリームなど)の後に水性のローションを使用すると、油に邪魔されて肌に届かないこともあります。

ビタミンCは不安定で酸化分解しやすいため、保管方法に注意を払う必要があります。
開封後はメーカーの指定する保管方法を守り、直射日光を避けて高温多湿の場所に置かないようにしましょう。(開封前の劣化防止については、メーカー側の工夫となります。第2章でご説明します。)

基本的にビタミンC化粧品は開封未開封を問わず、冷蔵庫保管で構いません。冷蔵庫は水分が蒸発しやすいのでキャップをしっかりしめて保管しましょう。(冷凍庫や極端な低温保管はNGです。極端に温度が下がると成分が析出してくることがあります)

ビタミンCは即効性のある成分ではなく、時間をかけてじっくり肌の改善を促すものです。 そのため、短期的な使用で肌の変化や実感が得られなくてもあきらめずに、中長期的に継続することが効果を実感するためには重要です。目安としては3か月、最低でも1カ月はしっかり継続してみることをお勧めします。

使用条件によって異なります。

ご注意

使用中のお肌に刺激を感じた場合にはこの限りではありません。無理に継続せずに刺激のない別の製品をご使用になることをお勧めします。刺激については、第2章でご説明します。

ビタミンCは、お肌の万能成分とも呼ばれ、肌のハリ、つやをもたらす、トーンアップ、くすみ、毛穴、ニキビなど、広く効果が期待できます。しかし、「シミを消す、たるみを引き上げる」といった劇的な効果を出すことはできません。

専門機関の施術であれば、多くの方が短期間で実感を得ることができますが、一般の化粧品とはその使用条件(使用量や活性、浸透方法)が異なるため、まったく同じ種類を使用していても化粧品とは区別されます。

特に医薬部外品(薬用化粧品)や化粧品は効果が穏やかであることが前提とされていますので「長期間の使用」が前提となります。(何を期待するかにもよりますが)使い方次第では、化粧品でも実感を得ることは十分可能です。しかし、差し迫ったお悩みに対しては、美容皮膚科などの専門機関での施術と併用することがもっともお勧めです。

美容液イメージ

生ビタミンCとプロビタミンC

ビタミンCは美肌成分の中でも特に注目される成分の一つであり、肌のトーンアップやハリ、ツヤ改善など、たくさんの効果があります。この成分は、日常的に私たちがビタミンCと呼ぶ「アスコルビン酸」と、そこから派生した「ビタミンC誘導体」にわけられます。

美容液に配合される成分説明図
この記事からわかること

この記事では、生ビタミンCについて解説します。
生ビタミンCとは、通常、私たちが「ビタミンC」とよんでいる物質のことで、化粧品原料にも使われています。水に溶けやすく高配合が可能ですが、水に溶かすとかんたんに酸化分解して活性を失います。そのため、この美容液にはビタミンCの活性を維持する工夫が凝らされています。

ビタミンCは海外製品に多く使用されており、ビタミンC誘導体はもともと日本で広まった原料です。
ビタミンCについては、安定性の悪さをカバーする添加物などが「化粧品に繊細なテクスチャーを追求する日本市場では合わない」とされてきました。
しかし、近年は技術的にも向上し、日本の女性にも受け入れられるレベルの製品も見られるようになりました。しかし、ビタミンC誘導体をわざわざ使用することにも理由があると考えるのが自然でしょう。
メーカー毎に処方についての考え方がありますので、ホームページなどでしっかり確認し、実際に試してみて、ご自分のケアに取り入れるかを決めるのが良いでしょう

「生ビタミンC」は、原料や成分の正式名称ではありません。いずれもアスコルビン酸を示す名称(呼び名)で、ふだん私たちが「ビタミンC」とよんでいる物質のことです。誘導体と区別する目的で「生」「ピュア」という呼び方をしています。
化粧品成分としての長所は、原料コストが安いこと、水に溶けやすいため高配合が可能なことですが、安定性が悪く、肌への吸収や刺激性に課題があります。

水に溶けやすい生ビタミンCですが、水とはあまり相性が良くありません。水に溶かすとかんたんに酸化分解して活性を失います。そのため、生ビタミンC美容液は、水以外の(酸素を含まない)液体*を用いて美容液を作る工夫をしています。さらに肌への浸透性を補うための成分を添加することもあります。

エトキシグリコールや多価アルコールなどの溶剤

水を使わず処方されたビタミンC美容液は、独特な使用感をもつため、好みが分かれます。
さらに生ビタミンC自体の刺激の他、溶剤による刺激にも注意が必要です。特に敏感肌の方は、最初にサンプルで独特な使用感や刺激を試すことをおすすめします。

美容液イメージ

遠回りをしないための考え方・思考法

使ってみたい化粧品を見つけたら、衝動的に購入せず、まずはいったん立ち止まって検討することをお勧めします。
最初に種類や濃度などを見て、「どんな製品か」をご自身でチェックしてみましょう。

美容液を買う前に検討するイメージ

2010年よりスキンケアファクトリ―でも一部のご愛用者様に向けに「短期間で結果を出すプログラム」をご案内してまいりました。そして、2020年6月からは一般のお客さまにもこのプログラムを開放し、以来、多くの方に効果を実感していただいています。(本サイトは体験者1万人記念として2023年6月制作されました)

美容液イメージ

NEWS

 

いかがでしたか。
本サイトを参考に、いくつかビタミンCコスメをお試しいただいて、ぜひあなたにとって最適なビタミンCケアを見つけ出してください。
本サイトがあなたのビタミンCケアのお役に立てれば幸いです。

スキンケアファクトリービタミンC3日間チャレンジ

「短期間で実感いただくこと」のみに注力したこれまでにない企画です。
私どものビタミンC3日間チャレンジもぜひ挑戦してみてください。
ビタミンC誘導体(アスコルビン酸Na・リン酸アスコルプルMg)が主成分の浸透マスクの3日分をお試しいただけます。

スキンケアファクトリーの美容液のフェイスマスク
×

本サイトおよびスキンケアファクトリ―について

スキンケアファクトリ―は、皮膚科用と一般用の化粧品を展開しているコスメブランドです。「セルフケアでも専門機関なみのビタミンCを実感する」ことをテーマに25年にわたってスキンケアを開発しています。体験企画「3日間チャレンジ」の体験者1万人(2020年6月~2023年6月)を記念して、本サイトを設立しました。本コンテンツの制作にあたっては、客観的事実に基づいて、出来るだけ公平にメリット、デメリットを強調しすぎないように注意し、独自のコンテンツをご紹介しています。