SEOに弱いWordPressワードプレスのSEO対策する老舗 産業Navi

powered by Sangyo Navi

ワードプレスのホームページは検索に弱い。SEO対策で解決しましょう

SEOに弱いWordPress(ワードプレス)検索対策

WordPressはSEOに弱い?ワードプレスのSEO対策

WordPressワードプレスはSEOに弱いの?

WordPressはSEOに「強い」「弱い」両方の意見がネットでは見受けられます。

実際にサイトをWordPressで制作してみると、確かになかなかオーガニック検索で上位に来ないことが多いです。

「コーポレートサイトだから、名刺交換後の会社名検索であたればOK」
でない限り、例えば「サービス名称 地域」などの検索では何ヶ月経ってもひっかからないことが多いです。

WordPressで制作、の前にドメインはとりたてですか?

オリジナルサイトを新規に制作する場合、まずは独自ドメインを取得する、からはじまりますよね。

例えばお名前ドットコムなら、ドメインとサーバーを一緒に取得すると、.comドメインならドメイン費用が永年無料、などのプランがあるので、お得です。

永年無料プランのドメイン取得は

お名前ドットコム

WordPressで制作した新ドメインのサイトのSEO対策

新しい生まれたてのドメインの場合、SEOの力を持つまでには長い時間がかかります。
なぜなら、新しいドメインの各ページが検索ユーザーにとって最適、とGoogle側が判断しにくいからです。
新しいドメイン下のページだと、記載内容の信頼性が高いかどうか判断しにくく、もしかしたらすぐに消えてしまうドメインかもしれません。
同じ条件なら、SEO上先に表示されるのは、ドメイン年齢が高いほう、つまり長くページが存在しているほうになってしまうのです。

それでは、どうやって自作のWordpressページに、たどりついてもらえばよいのでしょうか。

解決には

  • 自力でSEO対策を行う
SEOに弱いWordPressのSEO対策を自力で行う

WordPressのプラグイン「All in One SEO」をインストールし、設定していきます。用意されている一般的な設定をする以外は初心者には少し難しいので、本業で多忙な経営者さんにはなかなか向き合いにくいです。
加えて、検索対策ばかり考えてせっかくの公式サイトをいじってしまうと、事業・製品の魅力が伝わらずブランディングが成功しないページになってしまうことも・・
それでは本末転倒ですよね。ブログの量産も、専任担当者がいない場合、忙しい経営者さんにとってかなりの負担になります。

  • SNSで集客する
ワードプレスのSEOが弱いのでSNSで集客する

インスタやTicTokなどSNSを立ち上げ、集客に用いるのもターゲットによっては有効です。SNSは無料で始められるものばかり。
但し、結局「SNS自体の集客」が先に必要になるという堂々巡りが起きてしまいます。フォロワーさんを増やさないと、見てもらえない・・
そこでまた壁に当たってしまうのです。

  • 有料広告を出す
SEOが弱いWordPressのホームページへ有料広告で集客

資金に余裕があれば、費用対効果を計測しながら集客できます。但し、広告出稿の管理画面に別途慣れていかねばなりませんし、少なくとも月額3万円以上はかかると言われています。

  • SEO工事業者に頼む
SEOに弱いワードプレスはSEO工事業者に頼む

しっかり内部対策工事をプロにやってもらうパターンです。工事には期間と費用がかなりかかります。(工事期間:2ヵ月程、費用:50万円~、効果が出るまでの期間6ヶ月~)
1度行っておくと順位はあがってきますが、Googleのアルゴリズム変更の影響を受けると、再度工事が必要になるケースがあります。

どれも大変・・

そんなWordPress制作サイトにお困りのみなさまにおすすめしたいのが産業Navi55SEO DX です。

産業Navi55SEO DXなら、

お持ちのWordPress制作サイトはそのままに、お好きなキーワードセットで上位を狙う集客玄関ページをお作りします。
売れ行きをみて集客玄関ページの方を毎月1回無料修正でチューニングして育てていくことができるのです。
しかも、費用は月額5万円固定。
「サービス名 地域」「製品名 通販」
等のキーワードで上位表示を狙って、WordPress制作サイトにお客様を集めましょう。

SEOに弱いWordPressワードプレスもSEO対策できる

WordPress SEOの強い味方

産業Navi55SEO DX資料見てみる

NEWS