防カビ試験・カビ抵抗性試験はゴーアウト研究室へ
防カビ剤・抗菌剤の性能試験を受託しております
防かび効果テストを実施し試験報告書を作成します

防カビ試験
カビ抵抗性試験

防カビ試験・カビ抵抗性試験は、ゴーアウト株式会社へお任せください。防カビ剤・抗菌剤の防かび効果テスト・性能試験を専門研究室で行います。

防カビ試験
カビ抵抗性試験

防カビ・抗菌 性能評価試験TEST

防カビ試験・カビ抵抗性試験・防かび効果テストの様子

ゴーアウト研究室は、抗菌・防かび効果の評価判定を目的とする各種試験を受託しております。

A

カビ抵抗性試験

  • 1
    試験期間 28日間 (実用上3年間相当検証試験)
  • 2
    試験期間 60日間 (それ以上の効果検証試験)
  • 試験菌は検出頻度の高い25真菌を106に調整した混合胞子懸濁液を使用
  • 試験終了日の写真添付報告書提出
B

カビ・藻抵抗性試験

  • 試験期間 28日間
  • 試験菌は検出頻度の高い23藻及び25真菌を106に調整した混合胞子懸濁液を使用
  • 藻は1500lux陽光蛍光灯を8時間/日×28日間照射して培養
  • 試験終了日の写真添付報告書提出
C

抗菌力試験

  • 1
    JIS Z2801法準拠試験(試験菌:大腸菌 黄色ブドウ球菌 緑膿菌の3菌) 試験期間 約10日間
  • 2
    一般細菌による試験 試験期間 約10日間
  • 試験菌液を接種した試験片を35℃、相対湿度90%以上の条件下で24時間培養し、接種直後と24時間培養後の生菌数を測定
  • ご希望の細菌に対応できます
D

同定試験

  • 試験期間 約10日間
  • 供試検体を培地にスタンプし、4日間以上培養後、目視で検出された菌を1菌ずつ新しい培地に移植し、更に4日間以上の培養を行った後に菌種を同定
  • 試験終了日の写真添付報告書提出
E

同定試験及び生菌数測定試験

  • 試験期間 約15日間
  • 供試検体を培地にスタンプし、4日間以上培養後、目視で検出された菌を1菌ずつ新しい培地に移植し、更に4日間以上の培養を行った後に菌種を同定し、検出菌毎の生菌数を測定
  • 試験終了日の写真添付報告書提出

防カビ剤・抗菌剤を塗布した木材の性能試験

防カビ・抗菌 性能評価試験 受託の流れ

  • 1

    防カビ試験依頼書の送信

    試験依頼書の送信

  • 2

    カビ抵抗性試験受託書・請求書の返信

    試験受託書・請求書の返信

  • 3

    試験費用の支払・防かび効果テスト用検体送付

    試験費用の支払・検体送付

  • 4

    性能試験実施

    試験実施

  • 5

    防カビ剤・抗菌剤 性能試験報告書の作成・提出

    試験報告書の作成・提出

 

お問合せCONTACT

Contact Us

※産業ナビのお問合せフォームへ移動します。

NEWS