神奈川県福祉共済協同組合SDGsへの取り組み

経済・社会・環境のバランスが取れた社会を

神奈川県福祉共済協同組合のSDGsへの取り組み

SDGsとは

SDGs とは、「持続可能な開発⽬標(Sustainable Development Goals)」のことです。
経済・社会・環境のバランスが取れた社会を⽬指す世界共通の⽬標として、2015年9⽉に国連で採択されました。貧困や飢餓、⽔や保健、教育、医療、⾔論の⾃由やジェンダーなど、⼈々が⼈間らしく暮らしていくための社会的基盤を2030年までに達成するという⽬標になっていて、17のゴール(⽬標)と、より具体的な169のターゲット(達成基準)で構成されています。

SDGsアイコン

理念

こころ豊かな暮らしのために

私たちは“中小企業のサポーター”として、地域社会との関わりあいを持つなかで、地域の抱える課題に向き合いながら、持続可能な地域づくりの一助となるべく、常に組合員に寄り添い、組合員同士の結びつきを強めるための活動を行っています。
協同組合は「相互扶助」の精神のうえに成り立っており、SDGsの原則である「誰一人とり残さない」と同じものであると考えています。
SDGsの目標達成に向けて、今私たちができること、やるべきことを一人ひとりが認識し、継続して実施していくことにより、地域社会との連携の強化、新しい取引先や事業パートナーとの出会い等、今までになかったパートナーシップやイノベーションが生まれるものだと信じています。
その先に私たちが享受する「こころ豊かな暮らし」の実現に向かって、一丸となって取り組んでまいります。

認め合う職場プライベートイメージ誰もが働ける環境イメージ

取組み

SDGsアイコン3 SDGsアイコン8 SDGsアイコン10

安心の提供

私たちは、わかりやすい保障内容、低廉な掛金により、もしもの病気やケガに備える保障を提供しています。
安心できる保障を届けることで、組合員の皆さまの生活基盤の安定と発展に寄与します。

SDGsアイコン8 SDGsアイコン11

地域社会をバックアップ

私たちは、共済を通じて地域社会との様々なネットワークをもっています。県内の商工団体や行政書士・税理士・社労士等の専門家とのつながりを活かし、お客さま同士のご紹介やビジネスマッチングをすることにより、地域社会をバックアップしています。

SDGsアイコン8 SDGsアイコン16 SDGsアイコン17

コンプライアンスの実践

正々堂々と胸を張り、誇りをもって仕事ができるか。
本組合で働く役職員が働きがいをもつことができるよう、常にコンプライアンスの実践に取り組んでいます。

SDGsアイコン7 SDGsアイコン11 SDGsアイコン13

クールビズの実施

本組合では、地球温暖化の原因とされる温室効果ガス削減のため、クールビズ(5月1日~10月31日)を実施しています。期間中は、役職員もノーネクタイ・ノージャケットで執務にあたっています。
お客さまのご理解とご協力をお願いします。

SDGsアイコン12 SDGsアイコン14SDGsアイコン15

ごみの削減、古紙リサイクル

本組合が使用する事務用品や消耗品は、極力、詰め替えができる製品を選んでいます。
役職員も積極的にマイバッグやマイボトルを持参するなど、ゴミの削減に努めています。
機密書類を処分する際は、未開封のまま溶解処理を行うことでセキュリティを確保しつつ、溶解後は製紙原料として再生する技術をもった業者を選定しています。

SDGsアイコン7 SDGsアイコン11 SDGsアイコン12 SDGsアイコン13

エコカーの導入

社用車は環境に配慮したエコカーを採用。停車時のアイドリングストップや、エコドライブを意識することによりCO2を削減し、環境にやさしく住みよいまちづくりを目指します。

組合概要

名称 神奈川県福祉共済協同組合
代表 代表理事 大植 正一
住所 〒231-8323 神奈川県横浜市中区元浜町4-32
TEL 045-228-0774(代表)
FAX 045-228-0779
事業内容 組合員のためにする傷害共済事業
組合員のためにする生命医療共済事業
組合員のためにする生命保険の募集に関する業務
組合員のためにする損害保険の代理店業務
ホームページ https://www.fukushikyosai.or.jp/

NEWS