プリント基板製造の伸光写真サービス
高周波基板の伸光写真サービス
横浜の伸光写真サービス

創業43年の製造実績

プリント基板製造は伸光写真サービスへ

高周波基板・5G対応基板など、
あらゆるプリント基板を製造します。

  • 試作基板
    1枚からOK
  • 特殊基板が
    得意
  • 高周波基板材料
    が豊富

プリント基板

基板設計・実装について

当社ではプリント基板のパターン設計(デジタル・アナログ・高周波)ならびに実装(QFP・QFN・BGA)も承っております。設計、実装どちらでもご注文をお受け致します。

プリント基板設計サービス

実績豊富なスタッフが設計を担当。
1枚のプリント基板設計から対応いたします。

デジタル、アナログ、高周波回路パターン設計
手書きの回路図でもOKです!
対応可能CAD
Quadcept
AutoCAD
その他 DXF , gbr

基板設計の様子

プリント基板実装サービス

1枚から実装可能!
経験豊かな技術者が、多品種のプリント基板の実装を高精度に行います。

  • Chipサイズ0608まで実装可能
  • QFP・QFN・BGA実装に対応可能
  • 手半田からリフロー対応可能
  • その他、基板改造・ジャンパー配線可能

プリント基板実装事例1

プリント基板実装事例2

プリント基板について

豊富な材料の取扱いと、特殊な基板製作を得意としております。
他社で出来なかった基板でも、試作1枚からお受け致します。

異種材料複合多層基板 金属コア基板 放熱・大電流基板 フレキシブル基板 リジットフレキ基板 ファインパターン基板 キャビティ基板 平滑回路基板 中空導体基板 大型基板 セラミック基板 ガラス基板

製作の流れ

片面基板、両面基板、フレキシブル基板など、幅広く、スピーディーに対応いたします。

  • 設計
  • データー編集
  • マスク作成
  • NC穴加工
  • 銅メッキ
  • 露光・焼付
  • エッチング
  • レジスト処理
  • シルク印刷
  • 表面処理
  • 外形加工
  • 検査・出荷

ガラス基板

ガラスの透過性、耐候性を生かした用途に使用いただけます。

  • 石英ガラス、テンパックス、無アルカリガラス、ソーダガラスなど各種ガラス素材に対応可能
  • 薄薄膜法で、Cu、Au、Niなどのパターン形成
    (さらに表面処理により10μm厚などのパターン形成も可能)
  • L/S=30μm/40μmまで対応
    (さらに高精細をご希望の方もご相談ください)

ガラス基板

メタルエッチングについて

メタルエッチング

メタルエッチングはバリ、ゆがみのない精密な部品が製造できます。

  • 加工応力無し、バリも与えない加工
  • さまざまな金属を高精度に加工
  • 短納期・リーズナブルに提供
  • 仕様
  • 加工板厚:0.005t~2.0t
  • 加工素材:ステンレス、鋼材・銅合金、真鍮、アルミニウム、リン青銅、ニッケル、パーマロイ、その他
  • コーナー形状:Rが付きます(外角 板厚の40%、 内角 板厚の80%)
  • 寸法公差:板厚の±10~15%
  • 断面形状:

メタルエッチング断面図

  • 加工限界:D寸法 最小寸法:板厚相当(min 100μm)、W寸法 最小寸法:板厚1/2相当(min 50μm)

エッチングではブリッジ(つなぎ)が必要になります。
事前にブリッジ個所をご指定ください(ノンブリッジも対応できる場合があります)。

工業用精密マスクについて

工業用精密マスク

当社はフォトマスクのメーカーとして長年にわたる技術を生かし、プリント基板用マスク、電子部品加工用メタルエッチング用マスク、ガラス薄膜エッチング用マスクなど、幅広く提供しております。

  • 仕様
    • 最大描画サイズ:600×900mm(これより大きいサイズも編集により可能)
    • 描画線幅:5μm、12.7μm、50μm、80μm(描画サイズにより変わります)
  • 用途
    • 各種プリント基板用フォトマスク
    • IC、ハイブリットIC用フォトマスク
    • メタルエッチング用マスク
    • 工学用目盛り、スケール用マスク
    • 厚膜、薄膜基板用マスク
    • シルクスクリーン用マスク
    • ネームプレート用マスク・・・など
 

会社情報

会社概要

商号 伸光写真サービス株式会社
Shinko Photo Service Co.,Ltd
所在地 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町4363番18号
TEL 045-933-8311 / FAX 045-933-8318
事業内容 高周波用多層プリント基板の開発、設計、製造、販売
メタルエッチング・工業用精密マスクの製造、販売
設立 1977年7月1日
役員 代表取締役 峯村 儀勝
専務取締役 笠松 成玉
常務取締役 田中 幸喜
資本金 3450万円
取引銀行 横浜銀行 鴨居駅前支店、横浜信用金庫 鴨居支店
ホームページ https://shinko-ps.co.jp

アクセス

伸光写真サービスアクセス

電車でお越しの場合:鴨居駅 北口より徒歩5分
お車でお越しの場合:第三京浜 港北インターより15分

沿革

1977年 東京都大田区に創立(創立者 中野武)
工業用精密写真製造販売を目的とする
1978年 伸光写真サービス株式会社設立 資本金800万円
1982年 横浜市都筑区池辺町に移転
(有)伸光商事と共同技術を託し電子部品製造を行う
1984年 資本金1000万円に増資
1985年 資本金2000万円に増資
新社屋3階建て 完成
1994年 大山啓治 社長に就任
1997年 資本金2450万円に増資
2001年 電子部品部 エッチング製造ライン増設(ライン自動化)
試作用特殊基板を製造
2005年 エコアクション21取得(環境省主導の環境経営の認証制度)
2006年 (株)横浜ライテックと合併
資本金3450万円に増資
2014年 今井俊夫 社長に就任
2018年 ISO9001 2015年版取得(日本環境認証機)
2019年 峯村儀勝 社長に就任

主要取引先

  • 東芝グループ
  • 三菱電機株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 島田理化工業株式会社
  • 株式会社 日立グループ
  • AGCグループ
  • 株式会社 富士通グループ
  • 京セラ株式会社中央研究所
  • ルネサスエレクトロニクス株式会社
  • ヒロセ電機グループ
  • 株式会社キャノン
  • 横河電子機器株式会社
  • パナソニック株式会社
  • 住友電工グループ
  • 日本無線株式会社
  • 沖電気工業株式会社
  • 東京計器株式会社
  • その他大学・研究所など

経営理念

伸光写真サービス株式会社は電子業界の最先端技術を積極的に取り入れ、
人類・社会の進歩発展に貢献し全従業員の幸福を追求します。

経営方針

当社は他社が出来ないやりたがらない加工にチャレンジし、
小ロット・多品種を持ち味とし、“お客様第一主義”に徹したサービスと気配りで経営の安定を図ります。

品質方針

製品の工程能力を知り尽くし、リワークと不良の低減を図り収益の向上を目指す。
不良の原因を曖昧にさせず究明し、不良再発の低減と、顧客満足の向上に努める。

ISO9001

認証規格 ISO9001:2015・JIS Q 9001:2015
登録番号 QC18J0013
登録範囲 プリント基板の設計・製造
登録日 2018年10月31日
認証機関 株式会社 日本環境認機構
jaco

お問合せ

伸光写真サービスのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ご質問、ご意見などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

045-933-8311

営業時間/09:00~18:00
定休日/土日・祝日

045-933-8318

Contact Us

※産業Naviのお問合せフォームへ移動します。

NEWS