プロセス依存症専門の入寮型施設 一般社団法人ブルースター横浜ギャンブル依存症を中心としたインターネット・ケイタイ依存症から回復のエキスパート!
依存症は回復できます!私たちが解決に向けてサポートします。

ギャンブル・インターネット・ケイタイ・・・それって依存症かも!?ブルースター横浜はプロセス依存症回復のために、あなたの力になれます。ご家族が依存症で困っていたら、是非ご相談ください。思い悩んでいても、解決しません。ご安心ください。私たちがサポートします。

依存症とは

依存症について

行為依存(ギャンブル、買い物、インターネット、ケイタイなど)と人間関係依存(異性、DV、共依存など)

「依存症」とは、特定の行為にのめり込んだり、物質使用をくり返すことで、それが精神的・身体的になくてはならない状態になり、自分ではコントロールできなくなった結果、自身を傷つけ、周囲を巻き込むなど、社会活動が困難になる問題。依存対象は様々で、行為(ギャンブル、インターネット、買い物など)、物質(アルコール、薬物など)人間関係(異性、DV、共依存)などに分類されます。依存症は、正しいケアとサポートを受けることで、かつて自身が望んでいた生き方や、それ以上の生き方ができるようになります。また問題行動によって壊れてしまった家族や周囲の方との人間関係も修復でき、社会復帰を果たすことも可能です。

当施設は行為(プロセス)依存症専門の施設です。

行為依存(ギャンブル、買い物、インターネット、ケイタイなど)と人間関係依存(異性、DV、共依存など)

ご家族が依存症で困っていたら迷わずご相談ください。きっと回復の道筋が見えるでしょう。

ギャンブル、薬物、アルコールによって、まともに生活ができなくなり人生を破壊する依存症は、中学、高校生くらいから始まることもあります。放っておくと、限界に至るまでやめることができず、最悪の場合には、結果的に死に至ることも少なくないのです。本人が自ら依存症を克服しようと思っていても、実際には自分だけの力で抜け出すことはとても難しいのです。依存症からの回復には、いろいろな意味でのご家族の助けが必要です。経験豊富な私たちがサポートします。ぜひ、ご相談ください。

依存症は自力ではなく、専門プログラムで継続的な回復を行う「解決策」があります。

依存症は一度その状態になってしまうと、自力で回復することが、非常に困難であると言われています。実際、一人でやめようと試みても、強迫観念や禁断症状から、再び依存対象へと戻ってしまうケースが多くみられています。「解決策」は、専門のプログラムによる継続ケアです。依存症には、身体だけでなく心のケアが必要。専門のプログラムは、依存へと逆戻りさせる力を乗り越えるための新しい生き方を提供します。その結果、依存から脱却のみならず、新しい人生を切り開くチャンスも生まれるのです。依存症には「解決策」があるのです。

早期発見が対処の鍵。ポイントは効果的な「介入」です。

「依存症」からの回復のためには、一刻も早く本人が「依存症」である事を認識し、現状を見つめ直す機会をつくることが大切です。そのために効果的な方法が「介入」です。

本人と介入者(依存症から脱却している人)が直接面会し、家族に代わって回復施設でのプログラムを促す方法です。

身内の人はどうしても本人を信じたい気持ちが出るのは仕方がない事だと思います。しかし、過去はどうでしたか?同じ問題を繰り返してはいませんか?結局、この行動をすると先延ばしになるだけの可能性が極めて高いです。よく「借金の尻ぬぐいはしないでください」という事を書いてある記事は多いですが身内になればなるほどこの気持ちが出てしまうのは至極当然の事だと思います。

そこで介入者にお任せいただけませんか?時間はかかるかもしれませんし、何回か説得しなければ首を縦に振らないかもしれません。しかし、介入者も依存症本人の為、自分の体験を話すことで本人も「安心感や共感」が生まれます。そして、施設に行く事を受け入れる様になりプログラムを受けてみようと思うようになれば介入成功です。こうなるように介入者は粘り強く話し合いを続けていきます。

回復プログラム

依存症は回復できます!それぞれの方のペースにあわせて、プログラムを組み合わせながら回復のステージをあがっていきます。

ステージ
1

生活習慣見直し・施設での生活に慣れる

  • ギャンブル(プロセス)等依存によって損なわれた、生活習慣や金銭感覚の修正努力
  • 自分勝手な行動ではなく、他のメンバーと協力して生活する。
  • わからないことがあったら、スタッフに聞くように行動する。
ステージ
2

取り組む問題は「自分の依存症」という点の確認

  • 他のメンバーとともに、健康的な生活を続ける努力をする。
  • 自分の事のみでなく、他のメンバー(特に新しいメンバー)の手助けをする。
  • 自分にとって本当に取り組むべきことは何か?12ステッププログラムの・・・ステップ1、2、3について確認。
ステージ
3

自分にとって「良いパターン」「改善すべきパターン」を知る

  • 「健康的な考え方、生き方とは何か?」「社会的に見て責任ある行動とは?」といったポイントについて、周りのメンバー・スタッフの姿やプログラムを通して考えを深める。
  • 自分の事のみでなく、他のメンバーの手助けを実践する。
  • 過去の自分の”考え方・行動のパターン”を改善するために12ステッププログラムの・・・ステップ4、5、6、7に取り組む。
  • 感情的な正直さを手に入れるため、エンカウンターグループに参加し始める。
ステージ
4

人間関係の再構築&社会復帰への準備段階

  • ステージ1~3で身につけた、健康的な考え方、生活スタイルを施設内で行い、役割などを通して、社会復帰を考えた行動をする。
  • 過去、ギャンブル(プロセス)等の使用で起こしたトラブル(借金、他者への傷付け)に対してステップ8、9に取り組むことを目標とする。
  • スポンサーシップ、フェローシップを意識し、ステップ8~12を学ぶ。
ステージ
5

プログラムを使い、自立への具体的行動

  • 再就職・再就学
  • 休職後の復職や休学後の復学に向けて行動していく

ミーティング風景

ミーティング風景

ワークプログラム風景①

ワークプログラム風景(1)

ワークプログラム風景②

ワークプログラム風景(2)

入寮について

基本的には共同生活を行います。しかし、当施設では自分の時間も大切にして過ごして欲しいと考えているため、「個室空間」を与えた環境で生活をしてもらっています。(但し、一時的な入居者の増加の関係で少ない日数個室空間が無い場合もあります。)

寮入り口

寮入り口

台所付近

台所付近

個室空間

個室空間

周辺環境

横浜八景島シーパラダイス

横浜八景島シーパラダイス

横浜海の公園

横浜海の公園

横浜中華街

横浜中華街

ギャンブル依存症と私 4人の回復物語

Aさん

最初にギャンブルを経験したのは高校生の頃友人数人とパチンコ屋に行ってスロット台に三人並んで座ったことを覚えている。自分は初めてだったが友人が経験 者ということで教えてもらいながら千円、二千円と使って「こんなにあっという間に千円が無くなってしまうのか」とびっくりしながらも三千円目で大当たりを引いて三万円位になった。「こんなことはマグレなのだから、高校生の身分でパチンコ屋に来るのはよそう」とその時は冷静で いたが後日また誘われると「もしかしたらまた勝つかも?」という気持ちが出て芽生えてきて度々パチンコ屋に行くようになった。

Bさん

僕がギャンブルを始めたのは22歳のころでした。飲みに行って終電がなくなり、会社の先輩の家に泊まりその日は休日だったのでパチスロに行こうと誘われたことでした。それまでギャンブルは幼少期のころ父親とプラスチックのチップを使っての花札と、学生時代のマージャンを年に何回かやる程度でした。
先輩と初めて行ったパチンコ屋で一万円が二万円になり、こんなに面白くてお金の増えるものがあったんだと思い、それからというもの仕事帰りと休日は朝開店から閉店まで打つ毎日でした。友達とパチンコ屋で偶然に会って、その友達と一緒にパチスロをやっていました。

Cさん

私は、昭和46年 ごく普通な家庭で生まれ育ちました。小さい頃から、特別裕福ではないけれど、貧乏だと思った事もありません。勉強やスポーツは、可もなく不可もなくといった少年でした。
最初のギャンブルは、近所のパチンコ屋でした。きっかけは、18歳になったから、という程度で、少し大人なゲームセンターに行く感覚でした。その頃のパチンコ屋は、店の半分以上が平台で、1回のギャンブルで3千円も使えば、使い過ぎたと後悔をするギャンブルでした。店にいる間は、楽しくギャンブルしていましたが、その時付き合っていた彼女とのデートやアルバイトの方が、楽しく感じていました。

Dさん

「あいつは誘っても来ないよ」この言葉を当時野球部に入りその部室の中で聞きました。 同じ野球部の仲間から必ず勝てるからやってみればとよく誘われていた。確かにその当時は千円を持っていきメダル三枚でビックボーナスが引けるお店がサービスで仕込むモーニングがあった。交換可能時間まで店内でウロウロしていれば約六千円の交換ができるという。高校生ながら差額の五千円を手にしそのお金で野球部の同僚が昼食時間に蕎麦屋に行く姿は若干うらやましくもあったが自分は母親から作ってもらったお弁当を部室で食べるそんな日々が続いた・・・
実は自分の家は小さいころから父親のギャンブルで借金

代表者挨拶

一般社団法人ブルースター横浜 代表理事 則井博文

皆様こんにちは。一般社団法人ブルースター横浜の代表理事をさせて頂いています則井博文です。この度、神奈川県横浜市金沢区に入寮型のギャンブル依存症を中心としたプロセス依存症の施設を2018年11月に立ち上げました。私自身もギャンブル依存症者本人で、今ギャンブルをやらない生き方を十数年続けています。

17歳のころからギャンブルをやり始め、20歳の時にはサラ金に手を付け、そして闇金に借りるまでそう時間はかかりませんでした。同じ問題を繰り返し「なぜいつも、こうなってしまうのだろう」と思いながらも、あまり深くは考えずに「仕方ない」と身内に頼る生活を繰り返していました。結果、十数年前に仕方なく、自分もとある施設に入りました。

現在はギャンブルをやめ、当時は諦めていた結婚もすることが出来ました。今は、この生活を送れることにいろいろな仲間や身内が関わってくれたことに感謝しています。その中で、ギャンブル依存症の仲間との分かち合いで感じたこと。それは「解決策はみんなそれぞれ違いがあり、ただひとつプロセス依存症になったことだけは同じだ」ということです。自分が以前受けていたプログラムは認知行動療法でのミーティングが中心でした。しかし、この認知行動療法がかえってストレスを増長させ、結果逆効果になっている人もいることに気が付きました。

のめり込む原因には、様々な要因がある。それと同時に、仲間の中にいて感じたのは、それぞれが抱える「生きづらさ」が関係しているのではないかということでした。そこで、同じような考え方をしている関西地方のある施設で研修を受けさせてもらいました。約3か月間、そこで仲間と寝泊りをし、働かせていただき感じたのは「ここで学んでいる仲間は何か楽しそうに過ごしている」ということです。やらされているのではなく、自分からやることを大切にしたプログラムがそこにはありました。スタッフが指示をしていることはあまりなく、自分からやることで責任感や自尊心などを芽生えさせ、人として成長していくプログラムに深く感銘を受けました。

感情に蓋をしたり、咄嗟に出た感情で威嚇したり、開き直ったり、後ろ向きの感情で生きてきたりしたことで、前向きな気持ちになかなかなれず、自分が抱える「生きづらさ」に気づくまでには時間がかかります。施設での役割として一番大事なのは、この気づきの「キッカケ」を自分で見つけるサポートをすることだと思います。「この考えはあなたに絶対必要だ」と言ってひとつの価値観を押し付け、決めつけるのは簡単だと思いますが、その人その人に合ったやり方を見つけることこそが必要だと当施設は考えています。集団でミーティングを行っても大丈夫な人は依存症の自助グループなどを勧めたり、集団で自分の気持ちを伝えることが難しい人には別のアプローチを模索したり、発達障害のタイプの人には、地域作業所・グループホームなどの施設利用を勧めたり、単純に金銭管理だけをしたり…様々な向き合い方があると考えています。

当施設では、プロセス依存症からの回復が出来るために精一杯のお手伝いをさせていただきます。ご相談は無料です。思い悩まずに、ご連絡をお待ちしております。

お問合せ

会社概要

会社名 一般社団法人 ブルースター横浜
代表 代表理事 則井 博文
所在地 〒236-0031
神奈川県横浜市金沢区六浦5丁目5-13 メゾン南糧302号室
連絡先 TEL:045-349-2732 / 
FAX:045-349-2733
メールでのお問合せはコチラ
主要取引銀行
横浜信用金庫 金沢支店
横浜銀行 金沢支店

支援をしていただいている施設・会社など

施設
共同代表:伊藤宏基様/三宅隆之様
〒635-0065
奈良県大和高田市東中2-10-18
TEL:0745-24-7766 FAX:0745-24-7765
弁護士
鎌倉法律事務所
弁護士:山田英男様
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船2-21-12 AMAYAビル3階
司法書士
司法書士石井事務所
司法書士:石井元彦様
〒247-0055
神奈川県鎌倉市小袋谷1-4-20-202
税理士
梅澤忠税理士事務所
税理士:梅澤 忠様
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船1-12-10-202
不動産
株式会社 ランタナハウス
代表取締役社長:門脇和也様/担当者:加藤さおり様
〒236-0037
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-22-6
TEL:045-349-2539 FAX:045-349-2569
その他
代表取締役社長:三橋雅樹様
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町4-9-8
ストーク伊勢佐木壱番館508
TEL:045-263-8244 FAX:045-263-8245

お気軽にお問合せください。

〈 受付時間 土曜・日曜日・祝日を除く月~金曜日の10時~17時 〉
※相談料はかかりません
※但し、緊急を要する場合は対応致しますのでご連絡をお願い致します。