経木の「おもてなし弁当」とNEWロゴマークで売上UP!

おもてなし・手土産に「うりんぼうのお弁当」

おもてなし弁当

当店では三浦半島の四季折々の食材を使用した、小さい店だからこそできる季節感・地元感のあるお弁当を販売しております。

煮穴子ちらし寿司の「穴子」は2016年から本格的に再開となった被災地気仙沼港の天然穴子を使用しております。他にも秋田県の農家さんの米、宮城県奥松島の牡蠣や三陸の若布、熊本県産の農産加工品等の被災地の食材を使用し復興の一助となりたいと考えております。

野菜は横須賀市・三浦市葉山町の地元農家から直接購入。特に横須賀・葉山の小規模で丁寧に野菜を作っている若手の方の応援のため、お弁当だけでなくお店での料理にも積極的に使用しております。

この様に素材にこだわった品質の高いお弁当は、お誕生日や卒業式といった「特別な日」のおもてなしや、大切な方への手土産として最適です。

煮穴子のちらし寿司弁当

煮穴子のちらし寿司弁当

由比の釜揚げ桜海老としらすのちらし寿司弁当

由比の釜揚げ桜海老と
しらすのちらし寿司弁当

経木の折箱について

容器には経木(きょうぎ)の折箱(おりばこ)を使用しております。ほのかな木の香りに加え、通気性、調湿性、抗菌性に優れており、フィトンチッドの効果により腐敗を抑制し鮮度を保つ効果も検証されているため、料理を美味しく安全に食べられる容器として近年新たに注目されております。

また、弁当の仕切りや小分けの容器も可燃ごみとして処分できるものを使用しているため、不燃ごみが出ず環境にもやさしい容器です。見た目の良さだけでなく実用性を兼ね備えた経木の折箱に盛り込まれたお料理は一段と美味しさが増すように思います。

当店で使用している折箱は神奈川県小田原市の小さな折箱店さんが1つ1つ丁寧に作ってくださっております。折箱の接着には体に害の少ないでんぷんのりを使用している為、乾燥する季節や湿気の多い季節には折箱の底のりがはがれてしまう事がございます、お召し上がりになるのに問題が無い場合はご容赦くださいます様にお願い申し上げます。

経木折箱(二段)

経木折箱(二段)

経木弁折箱(内箱一段)

経木弁折箱(内箱一段)
経木弁当箱一段弁当、
ご来店のお土産用ちらし寿司に使用。

ロゴマークについて

ロゴマーク

葉っぱは葉山の山を、波は葉山の海を、月は盃をイメージしたものです。
魚の絵はイサキの幼魚、「うりんぼう」。黄色いはっきりとしたシマがイノシシの子「うりぼう」に似ているため市場ではそう呼ばれています。「うりんぼう」という店名には「小さいけどうまい―小さな店だけどうまいぞ」という意味が込められています。

アクセスマップ