特別賞 湯河原担々やきそば会

大賞 フロンティア部門 ジャパンプローブ株式会社

優秀賞 フロンティア部門 リ・バース株式会社

奨励賞 チーム等々力

奨励賞 株式会社ヤマヨ

特別賞 湯河原担々やきそば会

大賞 エコ部門 株式会社ビッキマン

優秀賞 エコ部門 株式会社横須賀軽金

奨励賞 優成サービス株式会社

 

特別賞 お菓子工房サラ


湯河原名物たんたんたぬきの担々やきそばの全国発信事業

-“まちおこし”を真の“地元への愛”で実現したい-

名物づくりは、たぬきから。

湯河原担々やきそば会 河本会長

 「湯河原にはこれまで、これといった特産品や名物がありませんでした。例えば、京都でいうところの『八ッ橋』のように、湯河原といえば『これ』という絶対的な湯河原発の名物を“まちおこし”として、つくりたかったんです」と語るのは、事務局長・石井嘉章氏。
 もともと湯河原は、たぬきの伝説で有名な土地である。“他を抜く”という意味もある、たぬき。また、近郊では、B級グルメの静岡県富士宮やきそばが全国的に有名であるように、B級グルメとしても適しているやきそば。これらを組み合わせたらどうだろうか。親しみやすい歌のフレーズの「たんたん〜」にあやかり、担々麺があるのだから「担々やきそば」があってもいいのではないかと。これが、その名も「湯河原名物たんたんたぬきの担々やきそば」誕生のきっかけである。
 「日本初のピリ辛味のやきそばは、話題性もあると考えました」石井氏は笑顔で語る。


このページの先頭へ

後発の「B級グルメ」故の工夫

担々やきそば

 石井氏は戦略を練った。なぜなら、後発のB級グルメには、発売当初よりすぐに注目されるための話題づくりが必要不可欠だったからである。
 そこで、特色を出すために次の2つを「担々やきそば会」の認定条件とした。1つは、豆板醤と練りごま等を主原料としたピリ辛のタレを使用すること。もう1つは、玉子系もしくは、湯河原でよく穫れる柑橘系の食材をトッピングすることである。玉子系は温泉玉子、目玉焼き、ゆで玉子等でも可とした。柑橘系は、みかんをデザートとして提供すること、もしくは辛みをまろやかにする効果があると言われるレモンを添えることでも可とした。
 さらには、参加する店舗を幅広く募るため、町内の飲食店組合に所属している店舗へ加盟を働きかけた。こういった戦略も功を奏し、52店舗でのスタートとなり、話題性をつくりだすことにも成功した。

このページの先頭へ

メディアで一躍有名に。一方地元では

ロゴ

「運よく、ある有名な情報雑誌に取り上げられたことで、多数のテレビ番組で紹介していただけたんです」
早速反響を実感した。県内外からの観光客が、担々やきそばを食べるために訪れて、宿泊していくという流れをつくることができた。
その一方、課題もあった。「観光客はもちろん大歓迎です。しかし存在自体を知らない、もしくは知っていても食べたことがない町民が大多数という状況でした」
この状況を打破するため、3店舗を食べ歩くことで応募資格を得られる「食べ歩きキャンペーン」を実施。応募者へは賞品を用意した。また、町内または近隣で開催されるイベントへの出店も地道に行った。
 当然ながら、町が一丸となって盛り上がってこその石井氏の考える“まちおこし”なのである。

このページの先頭へ

さらなる目標へ

 昨年は目標にしていた「第5回B-1グランプリin厚木」へ念願の出店を成功させた。
さらに今秋、3ヶ月連続で大きなイベントに出店の予定だ。
 「関東B-1グランプリで5位以内、第6回B-1グランプリin姫路で10位以内に入ったら、メーカーがだまってないでしょう(笑)」
 今後は、のぼり旗やチラシにも使われているたぬきのキャラクターの名前を公募し、これを前面に出し、広報を行う予定である。「何より湯河原担々やきそば会を盛り上げていき、様々なイベントに出店できるような仕組みを構築することですね」と話す石井氏の目からは、情熱とバイタリティが溢れ出んばかりに輝きをはなっていた。

お問い合わせ 電話:045-671-7125 FAX:045-664-7598
一般財団法人神奈川県経営者福祉振興財団 企画事業部

このページの先頭へ