トップページ > 株式会社昭和真空

株式会社昭和真空

昭和真空は「成長するニッチ市場へのフォーカス」「技術力による差別化と独自性の発揮」「徹底したコストダウンによる低価格の実現」を経営方針として掲げています。

株式会社昭和真空 会社建物
▲株式会社昭和真空 会社建物

営業方針

当社は設立以来、真空技術の開発に力を注ぎ、特に水晶デバイス製造装置の分野でパイオニアとしての地位を確立しました。
また、「技術革新による高度化する顧客ニーズへの対応」「積極的な提案指向の営業活動」「グローバル経営の推進」を実施し、お客様のご要望に応え、発展に貢献することで「お客様のお役に立つ存在価値のある企業」であり続けることができると確信しております。

得意技術

  1. 真空状態を作りだすハードウェアとしての真空装置の設計、生産技術、製造ノウハウなどの要素技術
  2. 真空中におけるロボット搬送技術
  3. パソコンによる自動化制御技術
  4. 真空中における成膜のソフトウェア技術

主力製品

  • 水晶デバイス用、光学薄膜用、電子デバイス用などの総合的な真空関連装置並びに真空機器等
  • 真空蒸着装置
  • スパッタリング装置
  • イオンプレーティング装置
  • ALD装置
  • ドライエッチング・アッシング装置
  • 真空冶金(溶解、熱処理、焼結、脱ガス)装置 など

ページの先頭へ

機械設備

  • 光学用多層膜真空蒸着装置
  • エッチング式周波数調整装置
  • インターバック式スパッタリング装置
  • カルーセル式スパッタリング装置
  • プラズマCVD
  • 小型ロールtoロールスパッタリング装置
  • 電子顕微鏡
  • エリプソメータ
  • 分光光度計 など


▲「超小型水晶デバイス用周波数調整装置」

ページの先頭へ

トップのプロフィール

昭和27年生。日大卒。昭和51年当社入社。同61年代表取締役社長就任。現在に至る。社業のほか、団体等の役員を兼務する傍ら、趣味もスポーツ(ゴルフ・スキー・テニス)絵画等多彩。バイタリティ溢れるリーダーである。

企業概要

企業概要
設立 昭和33年8月
資本金

2,177百万円

代表者 代表取締役執行役員社長 小俣 邦正
従業員数 197名(2022年3月末現在)
事業内容

真空蒸着装置の開発・設計・製造及び販売

年商 116億円(2022年3月期)
主要取引先 京セラ(株)
セイコーエプソン(株)
(株)大真空
日本電波工業(株)
(株)村田製作所
その他電子部品メーカー、大学、各種官庁研究機関など多数。

ページの先頭へ

交通アクセス

JR横浜線「橋本駅」下車 バス20分

会社担当者・連絡先

会社担当者・連絡先
本社 神奈川県相模原市中央区田名3062-10
相模原工場 神奈川県相模原市中央区田名3062-10
営業所 神奈川県相模原市中央区田名3062-10
お問合せ先 TEL042-764-0321  FAX042-764-0329
URL http://www.showashinku.co.jp
担当者 経営企画室 柴田 康宏
担当者 連絡先 TEL042-764-0385  FAX042-764-0389

ページの先頭へ

トップページへ

50音別企業一覧

50音別企業一覧