有限会社 マネジメント・ダイナミクス

ヒューマンエラー、クレーム増加、歩留まり多発・・「なぜなぜ分析」に基づき御社の経営課題を解決。

●なぜなぜ分析 フロー図

なぜなぜ分析 フロー図

「なぜなぜ分析」とは、「なぜ」を繰り返しながら、問題を引き起こしている事象の要因を、思いつきで挙げていくのではなく、論理的に漏れなく出しながら、狙いとする再発防止策を導き出す方法のことを言います。まるで、子供が親に「なぜ?」「なぜ?」としつこく問うように、「なぜ」を繰り返していく形で、発生原因を掘り下げていきます。現在では、売れる要因や消費者からの問い合わせの深堀など、トラブルの原因追究以外にも多く使われるようになりました。
この手法は、ブレーン・ストーミングのように皆で意見を出し合い、関連のある事柄を結び付けていくQC七つ道具の特性要因図や新QC七つ道具の連関図とは違い、狙いに沿って論理的に一つひとつ掘り下げていく手法です。
→なぜなぜ分析の事例等詳細はこちら

社長 中小企業診断士
小倉 仁志

有限会社マネジメント・ダイナミクス 社長 中小企業診断士 小倉仁志

【コンサル対象事業者】
製造業全般(生産、営業、開発、設計、お客様相談室)、建築・土木業、情報システム業、各種サービス業
指導事業
【コンサルテーマ】
 品質(設計品質、製造品質、サービス品質)
 安全・環境
 効率(生産、業務)
 拡販・お客様対応
- 方針管理・目標管理等、会社・職場をしっかり運営できる基盤づくり支援
- 顧客獲得、利益アップの仕組みづくり・組織づくり支援
- 安全・品質・効率に役立つ5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の現場実践指導

【小倉 仁志 プロフィール】

●なぜなぜ分析活用経営改善コンサルティング

なぜなぜ分析活用経営改善コンサルティング

なぜなぜ分析の事例として、「釣竿が折れた」という事象をとりあげました。問題を引き起こしている事象の要因に対して、下図のように「なぜ」を繰り返していく形で、発生原因を掘り下げていきます。
当社では、的確な「なぜ」を引き出すにはどうしたらよいか、という単純な問いについて、長年多くの企業での実践指導を通じて研究し、現在まで続けてきました。

●なぜなぜ分析活用社内研修

なぜなぜ分析活用社内研修

当社の「なぜなぜ分析」研修は、実施する企業で実際に起きた事例を演習の題材として使うのが特徴で、様々な業種(製造業、建築・土木業、運輸業、情報システム業など各種サービス業など)において実践を積んできた講師だからこそ成しえるプログラムになっております。
貴社のご要望に基づいてアレンジしたプログラムをご提供できますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

●セミナー・講義風景

セミナー・講義風景1

   

セミナー・講義風景2