土地建物の調査・測量・登記に関することは土地家屋調査士にお任せください。

< 土地家屋調査士とは >

土地家屋調査士って何?とお思いの方が多数いらっしゃるとは思いますが、士業としての知名度は決して高いとは言えず、業務内容に関してご存じでない方も多いはずです。

「土地家屋調査士とは、対象の土地や建物を事前に資料等で調査し、現地で測量を行い、図面等を作成し、申請代理人となって、法務局で表示に関する登記を行う業務となります。」

測量は測量士でも行うことはできますが、表示に関する登記業務は土地家屋調査士のみに限定されています。 また、土地の境界に関しては、「調査士立会いの下行う」ことが原則であり、近年増加する土地境界トラブルについても我々の存在は欠かせないものであり、今後より一層重要になると言えるでしょう。

< 当事務所について >


スピーディー・丁寧・グローバル
をモットーとしており、神奈川県はもちろん東京都内、埼玉、宇都宮、伊豆等での業務実績もあり、関東周辺地域までを業務範囲としています。
最新の測量機器を導入しており、通常2人1組で行う現地の測量をワンマン作業とし、経費の削減、迅速な対応を可能とし、顧客のニーズにこたえております。

当事務所は、測量士でもある代表の荻原慎吾をはじめとして、測量協会等の講習等にも参加しており、近い将来に訪れるであろうGPSを主体としたGNSS測量、ドローンによる測量などが主流となる時代にも対応できるよう日々努めています。

また、司法書士、税理士などとの連携があるため、税務相談や相続に関する相談のサービス体制も整っているといえます。

< 業務内容 >

業務内容
土 地
調査・測量
  • 土地に関する調査、相談業務
  • 境界確定測量・現況平面高低測量
  • 工事測量その他
  • 土地に関する各種登記業務
建 物
調査・測量
  • 建物の敷地に関する調査、相談業務
  • 建物に関する調査、相談業務
  • 建物に関する各種登記業務

< お問合せ >

●お問合せは、電話・携帯電話・メール・FAXにてお気軽にご連絡ください。

<電話でのお問合せ>

<携帯電話でのお問合せ>

<メールでのお問合せ>