かながわ経済新聞<Web版>

神奈川県内中小企業情報を独自取材 かながわ経済新聞

◇New◇ かなけい情報掲示板新設のお知らせ
企業向け掲示板を活用してみませんか?

ご購読者様専用「BtoB産業掲示板」新設!
情報を紙面等で掲載しています。
★5月号よりスタートいたしました★

【御社の声を新聞につぶやいてみませんか?】
「機械が余っているので、どこかに引き取ってほしい」
「こんな加工ができる会社を探している」
「こんなパートナーを探している」
「うちの技術をひとことPRしたい」
「こんなセミナーを開催します」
「今度の○○展示会に出展します」 などなど・・・。
日ごろお困りのことやパートナー探し、PRしたいことなどを「かなけい」に載せてみませんか?
掲載は無料です。 

  ↓↓ ご登録はこちらから ↓↓
URL:https://www.supportyou.jp/kanakei/form/4/

  ↓↓ ご購読がまだの方はこちらから(ご購読者様専用サービスとなっております) ↓↓
URL:http://kanakei.jp/subscription/

最新情報要チェック!! かながわ経済新聞 バックナンバー

  • 2017年7月号

 【今月号の注目記事10本】

①左官職人、漆喰技術で海外進出!/木本工業所(8面)
  左官職人の集団の木本工業所は、世界市場に打って出る新プロジェクトを立ち上げた。
 日本の職人の腕が世界的に評価を得ていることから、伝統を継承した若い職人たちを海外に派遣。
 伝統素材の「漆喰(しっくい)」を使った左官工事を現場で工事ごと受注するというものだ。
 これにより、日本職人の技術をPRするほか、グローバルに活躍できる舞台を設けることで、
 若い世代に職人になる夢を持ってもらう。(続きは本紙8面に掲載しています)

②工具寿命を延ばす、金属加工の次世代切削液を開発/リガルジョイント(8面)

③住宅用の宅配ボックス開発/サンエス(7面)

④キーボードをバリアフリー仕様に/ビット・トレード・ワン(7面)

⑤自然科学研究に貢献、動物の生態を追うアルゴス送信機/ノマドサイエンス(6面)

⑥ドライバー不足解消で「教育手当」導入/寺田組運輸(5面)

⑦水道工事業者がK-1ジム開設!?/丸善興業(4面)

⑧県内企業「女性社長」比率高まる/帝国データバンク横浜(3面)

⑨県が外国人観光客誘致のため、多言語コールセンター開設(2面)

⑩県内景況感、4期連続で改善/日銀横浜支店(1面)

  • 2017年6月号

 【今月号の注目記事10本】

 ①中華街でシェア9割の中華鍋!/山田工業所(8面)
   鉄人として知られる陳健一さんや周富輝さんなど、中華料理のシェフご愛用の鍋を作るのが山田工業所。
 鍋は金型を使わない「打ち出し」加工。一個の鍋を完成させるためには平均5000~8000回はたたくという。
 注文から完成まで約2か月。手間も時間もかかるが、中華街のシェフの9割が愛用しているという。その秘訣は?
 (続きは本紙8面に掲載しています)

 ②ペット用サプリで日本一に/トーラス(8面)

 ③「プレ金」導入で従業員の士気アップ!/ミズキ(7面)

 ④プラ成形の総合工場に/福田工業(7面)

 ⑤「スタンディングデスク」で眠気防止つなげ/MEMOテクノス(6面)

 ⑥超薄型完全フラットLED照明でヒット飛ばす/サンエー(5面)

 ⑦得意技術で自社商品!研削加工で日本地図パズル/テクノフロンテ(5面)

 ⑧優秀な留学生を地元企業にマッチング/サーティーフォー(4面)

 ⑨新輸出大国コンソーシアム、支援体制を拡充 /ジェトロ横浜(3面)

 ⑩小規模事業者持続化補助金立案者の一人、立石裕明氏インタビュー(1面)

  • 2017年5月号

 【今月号の注目記事10本】

  ①5Sで人材が“人財”に!/斎藤樹脂工業
  
製造業の基本は5Sにあり―。よく言われることだが、果たしてちゃんと実践している
  町工場がどれだけあるだろうか。斎藤樹脂工業は、2代目社長の就任を機に着手。
  開始から5年で、生産効率3割向上、収益構造の大幅改善にも成功した。
  (続きは本紙8面に掲載しています)

  ②ドローン用エンジン開発。ドローンの活躍を後押し/コバヤシ精密工業(8面)

  ③医療機器製造に商機あり/神峯電子(7面)

  ④段ボール製タンスを発売!単身赴任や短期滞在が対象/東鈴紙器(7面)

  ⑤植物プラで「脱下請け」だ/ユニオン産業(6面)

  ⑥自社の応援団設立!団員特典は便利屋顔負け/相陽建設(6面)

  ⑦五感を刺激、町工場のプレスで生まれた知育トランプ/バンビーノ(5面)

  ⑧悩まず即決+プラス思考=成功のカギ/ベストライフジャパン(4面)

  ⑨日総ぴゅあが設立10周年(3面・企画特集)

  ⑩中小・小規模事業者が対象。県が、「がんばる企業」制度創設(1面)

バックナンバー2017年2月8面

バックナンバー2017年2月1面

中小企業経営者必見!~かながわ経済新聞について

神奈川県の中小企業情報に特化した
日本初の地域経済紙「かながわ経済新聞」です。

地元の中小企業と連携したいが情報がない。
地域で営業先を探している。
中小企業の新商品・新技術開発の動向を知りたい。
地域経済のマクロ情報を知りたい。

経営者にとって本当に役に立つ新聞です。
ビジネスマッチングや成功のヒントなどの情報をを豊富に掲載しております。

企業の経営トップに取材

毎月、30~40社の企業の経営トップに取材、「なぜ、儲かっているのか?」。元気経営の秘密を探り、紹介しています。 読まれた方に、「そうか、こうすればやれるのか」といった経営のヒントをつかんでいただき、“自信”と“やる気”と“明るさ”を取り戻してもらいたいと願っています。

▼ご購読のお申込・お問い合わせ

電話をかける

FAX申込用紙

申込ページへ

▼情報も募集しております!

 あなたの会社の情報、お寄せください。
「新製品が完成した」 「取材を受けてみたい」 「こんなことで起業した」
「こんなことに困っている」 「いまこの人がすごい」
「イベント開催を皆に知らせたい」など、など・・・

小さな情報、大きな情報をお寄せください。
※お寄せいただいた情報は、本紙および本ホームページに掲載させていただくことがございます。

弊紙代表の千葉龍太か経験豊富な編集協力スタッフが取材にうかがいます。
もちろん、取材は費用ゼロです。
積極的な情報発信で社内の活性化にお役立てください。
日本一明るい経済新聞・神奈川版 情報募集!

かながわ経済新聞合同会社について

会社概要

代表者: 千葉龍太(元日刊工業新聞記者、元神奈川新聞記者)
住 所: 【相模原オフィス】
 〒252-0239 相模原市中央区中央3-12-3 相模原商工会館本館1階
【横浜オフィス】
 〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-19-11 加瀬ビル88 4階
TEL: 042(851)3021
FAX: 042(851)3532
MAIL: info@kanakei.jp
設 立: 2013年7月(2014年1月創刊)
社員数: 1人

業務内容

  1. 月刊紙「かながわ経済新聞」の発行
  2. 相模原商工会議所「さがみはら商工会議所会報」編集
  3. 相模原商工会議所「工業部会通信」編集制作
  4. 「相模経済新聞」編集協力
  5. 総合情報誌「ニューリーダー」編集協力

編集協力

松田文彦編集委員(元フジサンケイビジネスアイ横浜総局長)
小宮山光賢編集委員(元産経新聞記者)
高山かずひさ編集委員(元夕刊フジ記者)
西村泰夫編集委員
業務提携先:産経情報開拓、横浜エージェンシー&コミュニケーションズ

かながわ経済新聞について

読 者 層: 地域中小企業の経営者、行政、金融機関、インキュベーションセンター、 産業支援機関、人材派遣会社、商社、保険会社など。
発行部数: 10,000部(相模原、横浜、川崎、湘南エリア)
発行頻度: 毎月中旬(メール便にて郵送)。
サ イ ズ: 紙媒体A3版フルカラー8ページ

Map