産業Naviトップ > 技術でつながるプロジェクト

技術でつながるプロジェクト:製造業的復興支援プロジェクト

製造業的復興支援プロジェクト〜製造業だからできる被災地支援のカタチ 〜

「支援のプロじゃないけれど、ものづくりなら」で動きはじめ、いま・・・・・・

製造業的復興支援プロジェクト公式サイト
  このサイトもHP制作プロのメンバーの 手によるもの。

  • 本業をかかえる中小製造業若手経営者たちが、震災復興支援を自らの手ではじめて、4ヶ月。
    「ものづくりの技術と知恵でできる復興支援を」とたちあがり、日刊工業新聞・神奈川新聞・日本経済新聞3紙や地元ラジオなどのメディアにも数回とりあげられた。
    現地に近い東北金型工業会若手メンバーともつながり、宮城・岩手・茨城・富山・栃木・静岡・東京・神奈川と、製造業の輪が距離を越えひろがっている。
    最大の特長をさっくり書くと以下3点であろう。
     ・あくまで「製造業的」支援
     ・現地の生の声をきき、動く
     ・みな本業がある、無理なく、連携して実行する強みを生かす

    まず名取市役所を通し1カ所の仮設住宅(名取市箱塚桜団地)に的をしぼり、現地でニーズを聞き、リアルとバーチャル双方で議論を重ね、現地でテストし、また議論し、対策を実行した。

    4ヶ月前に第1回会議を実施し、名取市現地にプロジェクトメンバーが足を踏み入れたのが7月。
    2011年夏、このプロジェクトが生んだ成果とは・・・。


  •  製造業的復興支援プロジェクト公式サイト  
     産業Navi会員企業6社参加のプロジェクトのメンバー紹介、打合せ議事録、活動報告、収支報告、支援方法等、詳細はこちらへ。
  •  製造業的復興支援プロジェクトfacebookページ  
     2011年9月30日現在250人の「いいね!」を獲得のページ。地域を超えたつながりを基盤とするこのプロジェクト、facebookは欠かすことのできないツールだ。

現地の声 → リアルとバーチャルで議論 → 現地でテスト

製造業的復興支援プロジェクト会議の様子
リアルで集まっての議論。遠方者はSkype参加も。

仮設住宅のみなさんの生の声をきき、「製造業的」に解決方法を考える。
日頃は、facebookのグループ機能(議論の内容はメンバー限定公開のため、ストレートな意見のやりとりが可能)を活用して、議論。

毎月1回のペースで、リアルで集まっての議論も。

さすがに製造業関係のメンバーたち。ものづくりに関する素材・技術・工法についてさまざまな具体的なアイディアが出る。
ある程度の見積まで脳内にあったり。

だが、全員、復興支援を実行するのは、はじめて。
予算もない、時間もない、あるのは、「なにかしたい」という全員の心意気のみ・・。
仮設住宅の図面と現地の画像を見ながら、何度もアタマを抱えることもあり、当初は「ほんとうに自分たちにできるのか??」と不安を持つメンバーもいたことだろう。

そんなときこそ、「ひとりじゃない、1社じゃない」強みが発揮された。
製造業と一口に言ってもはばひろい。各自の持つ知識や情報、ネットワークそのものが強みでもある。
だが、本人たちも気づかぬうちに、目標に向かうとき必要なことにも、その強みは生きてくる。

迷い悩み考えた結果、決断し、実行する、精神力の維持。

誰かが不安を口にすれば、誰かが冗談も言い、またちがう誰かがそのままWEBで検索して調べ、誰かのひとことで前に進むきっかけができる。


 

リアルでもバーチャルでも、そんな議論と検討を繰り返し、現地でテスト。
この現地テストで得たものは大きかったのだ。2つの対策について、アタマを抱えて出した結論を、スピーディに実行に移す背中を押した。迷っている時間も、仮設住宅のみなさんは、暑さと、想像を絶する雨音での不眠に悩まされていたのだから。

製造業的復興支援プロジェクト 現地テスト 室外機雨音
豪雨のなか、静岡・茨城を早朝出発し、宮城県仙台市箱塚桜団地でテストするメンバー。エアコン室外機の雨音対策。数種類の素材で雨音を試す。

製造業的復興支援プロジェクト 現地テスト 網戸
風通しと防虫両立のため、玄関にカーテンタイプの簡易網戸設置テスト。開きの違いで問題発生・・・

いざ、実行。

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 網戸設置
猛暑の8月に実行。およそ100件に、簡易網戸とエアコン室外機上へのウレタン設置。2班に分かれて。

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 室外機雨音消音
この地道な作業ひとつひとつが、仮設住宅のみなさんの笑顔につながれば・・

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 網戸設置
簡易網戸、各玄関に。

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 網戸設置
うまくいくかな・・ 真剣なまなざし。

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 網戸設置
暑さも忘れ、仮設住宅のみなさんと打合せ。

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 室外機雨音消音
夏休み中ということもあり、メンバーの子どもたちも参加。エアコン室外機にウレタンをくくりつけるP.P.バンドをカットする、ちいさな手がいとおしい。

仮設住宅のみなさんの声 × プロジェクトメンバーの、いま = これから。

製造業的復興支援プロジェクト 仮設住宅アンケート
9月、プロジェクトメンバーに届いたアンケート回答の束。手書きの仮設住宅のみなさんの喜びの声、忌憚なき厳しいご意見両方に、メンバーそれぞれが、思いを新たに前を見ることに・・・


手元に届いたアンケート1枚1枚に、対策実施について仮設住宅のみなさんからの生の声が書かれ、全員が目を通す。

網戸に関しては、「よい」「わるい」評価が分かれる部分もあったが、全戸が網戸なしに猛暑の8月を過ごさなくて済んだのだ。
そして、室外機の雨音については、「まったく雨音がしなくなった」とのこと。
これも、日本の中小製造業のもつ底力、「発案」から「実行」までのスピードがあったからこそであろう。

ここから、新たな動きもはじまってくるそうだ。
―プロジェクトメンバーの耳にとびこんでくる、さまざまな工具・生産財の過不足情報に、どう対応していくか
―積極的に、募金活動も実施
    10月2日(日) 茨城県北部のJR水郡線「上菅谷駅」前で開催される「サスガ・カミスガ」というイベントにて募金活動実施!ぜひ現地でお会いしましょう!!

【2011年9月29日〜30日  プロジェクトメンバー(有志)より、ひとことコメントをいただきましたので、掲載させていただきます(到着順、原文のまま)】
有限会社光和精機製作所(茨城) 佐藤 社長
 「震災後、全国の製造業の方々から助けて頂きました。 その恩返しで何か出来ればと思い、熱い方々と一緒にこのプロジェクトで活動させて頂いております」

有限会社アルカディア(東京) 高野 社長
 「なんにもできないことが、悔しかったから・・参加させていただきました。素直な言葉しか・・浮かばないですね」

株式会社エムエスパートナーズ(神奈川) 伊藤 社長  <産業Navi会員>
 「プロジェクトメンバーのお陰で、一人ではできない形で故郷の復興を手伝うことが出来ている事に感謝しております。これからも自分の出来ることを、メンバーの力を借りながら継続できればと思います」

株式会社モールドテック(神奈川) 落合 社長  <プロジェクト代表:産業Navi会員>
 「震災を受けて、何かしなければいけないという思いと、一人では大したことができないという思いがあった。同じような思いの仲間とこうして行動できたことが自分にとって財産になっていると思う」

株式会社ミナロ(神奈川) 緑川 社長  <産業Navi会員>
 「復興支援を通じて出会った人々がいる。元通りに戻すのは無理だけど、残された人達が少しでも早く笑顔を取り戻せるような手伝いになれば良い、そして新たな繋がりで震災前より発展した日本が作れる気がしている」

株式会社高橋マシンテック(埼玉) 高橋 社長
 「震災の支援と言うと募金をするだけ?って何か物足りなかった。モノ作りの業界に身を置いている自分にとって自分達の知識も合わせて役立つ支援をしたいと思っていた。その同じ思いの人達と支援活動を出来る事が嬉しい。自己満足の部分もあるかもしれないが、同じ思いの人達と活動を通じで知合えた人の繋がりは自分の財産だと思う」

株式会社C&Gシステムズ(東京) 渡邊 部長
 「日々は異なる目的を持った人達が、同じ目的を達成するために集まった『製造業的復興支援プロジェクト』。これぞニッポンのモノづくりの底力。被災された方々に、少しでも笑顔を!」

株式会社サンアイ精機(岩手) 菊地 取締役工場長
 「みんな楽しいんだ。みんな冗談ばかり言うんだ。みんな前向きなことを言うんだ。だからきっとみんな少しでも被災者に笑顔になってもらいたいと思ってるんだ」

有限会社斉藤製作所(神奈川) 斉藤 専務  <産業Navi会員>
 「復興支援という御旗の下に、製造業の同志が一致団結して行動している。そんなプロジェクトに参加できたことを心から感謝すると共に、被災地の方々に少しでも喜んで頂ければ本望です」

有限会社大同製型(神奈川) 鈴木 社長
 「不器用な自分が、支援を目的に行動されている皆様と一緒に行動でき微力ながらお手伝い出来る事に感謝致します。被災された方々が一人でも笑顔になれば嬉しいです」

株式会社エコックス(静岡) 椙田 社長
 「3月、何もできない自分がいた。4月、春なのに心は晴れなかった。5月、何かやらなきゃ… 6月、フェイスブックを始め、いろんな人に出会った。 そして7月の深夜、高速を北へ向かっている自分がいた」


仮設住宅のみなさんに笑顔を、とはじまったこのプロジェクト。

実は、同時に、プロジェクトのメンバーにも、笑顔をもたらした。
それがいつか、日本の中小製造業の新たな動き方・つながり方を生んでいくことになる
かもしれない・・・・・

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 網戸設置
網戸設置班の笑顔!

製造業的復興支援プロジェクト 対策実施 室外機雨音消音
エアコン室外機ウレタン設置班の笑顔!

このページの先頭へ