産業Naviトップ > かながわの元気な企業

かながわの元気な企業

かながわの元気な企業

アールテック 株式会社

代表取締役 真鍋 緑朗

証券会社から技術屋への転進

私は大学卒業後、証券会社に勤めておりましたが先代社長である父の強い勧めもあり昭和60年にアールテック(株)に入社しました。
私は元々技術者ではないので、一から仕事を覚える必要があり、資材・生産管理・財務・総務を担当しつつ、現場・設計・営業の手伝いも行うなど様々な業務を経験し、段階を踏みながら平成12年に社長に就任しました。
社長に就任し、特に力を入れていることは技術開発です。我が社は社員の技術力に支えられており、技術力なしでは生き延びることができない企業です。従って、全社をあげて常に新しい技術を模索しつづけなくてはなりません。

このページの先頭へ

大ヒット商品

ひと昔前のX線装置には大型で扱いづらいものが多かったので、当社では持っている技術を結集し、小型で機能が集約されている装置の開発に力を入れました。
新たに開発した製品は大別すると大病院等で使用する小型の移動式回診用X線装置と小規模診療所をターゲットにした小型の据置式X線撮影装置です。
これらの製品は医療機関等のユーザーだけでなく同業他社からも高い評価を得ることができ、当社の大ヒット商品となったわけです。
大ヒットした要因はいずれの製品も小型で使い勝手が良く、しかも高性能ということで各医療機関のニーズに合ったからでしょうか。

このページの先頭へ

三本柱

当社は様々なX線装置を設計から組み立て、検査まで一貫して行う日本でも数少ない企業ですが、ひとくちにX線装置といっても様々な分野に利用されております。
現在、当社では主力の医療用X線装置の技術を応用して動物用X線装置および工業用X線装置を製造し、業界およびユーザーより高い評価をいただいております。
動物用X線装置につきましては医療用X線装置同様コンパクトな製品を開発し、当社の売り上げに大きく貢献しております。また、工業用X線装置では非破壊検 査や手荷物検査等様々な分野からの引き合いがとても多いため今後、最も伸びが期待できる分野であると考えております。

このページの先頭へ

仕事を見極める力

現在、我が社は仕事の依頼は非常に多いのですが仕事を絞りきれていないというのが現実です。仕事を絞りきれていないということは仕事を見極める力が不足し ているということであり、無駄な開発費をかけたり、採算をあまり考えずに仕事を引き受けてしまうことが発生し、利益の出にくい体質になっているということ です。
この問題を是正する為に、今までのやり方の全てを一度見直して改善点を洗い出し、会社の体質改善を進めているところです。
私自身、日々勉強を重ねておりますが、まだまだあらゆるところに無駄があり、改善する余地は多くあると感じております。
結局、仕事を見極める力を社長も会社もつけていかなくてはならないということでしょう。

このページの先頭へ

将来への展望

当社は将来に向け、これまで取組んできたX線装置の売上構成を医療用・動物用・工業用の三本柱にするという基本方針を継続し、それぞれの内容をさらに充実させてまいります。
現在は小型X線装置の開発、製造を主に行っておりますが、今後は高出力のX線装置の開発にも力を入れ、当社の技術がなくては作れない製品を開発、製造することを目指します。
また、より開発に力を入れていくことを前提に、今後、人材の採用・育成にも力を入れ、5年、10年先を見据えた経営を行ってまいります。ただし、規模の拡大よりも収益性に重点をおき、経営が安定した『社員が安心して働ける企業』にしたいと考えております。

社  名 アールテック 株式会社
所在地 横浜市金沢区福浦2-4-1
電話・FAX Tel.045-784-2310 Fax.045-784-2364
事業内容 医療用・工業用の小型X線装置および周辺機器の開発・製造

このページの先頭へ