トップページ > 昭和精工株式会社

昭和精工株式会社

金型技術をベースに未来を拓く。
研究開発型総合エンジニアリング企業。

昭和精工株式会社 社屋
▲昭和精工株式会社 社屋

営業方針

当社は創業以来、一貫して塑性加工のパイオニアとして精密塑性加工用ツール、金型の開発設計・製造・販売 に努めてまいりました。近年は金型から発展し、その周辺機器、更に生産システムのトータルデザイン、エンジニアリング業務に迄領域を拡大しつつあります。 今後も、ユーザーの皆様の精密塑性加工に関するあらゆる相談を承り、信頼性の高い製品を「造り出す」技術を提供する総合エンジニアリング企業を目指してお ります。

得意技術

  • 精密加工・精密ラップ仕上加工
  • 精密プレス型設計・組込・メンテナンス
  • 精密プレス加工
  • 生産システムの設計・製作・立ち上げ

主力製品

金型
精密プレス型(順送型、トランスファー型、コンパウンド型、ファインブランキング型)
機器関連
精密工具
自動化関連
自動化機器、専用機

ページの先頭へ

機械設備

機械設備
アイダエンジニアリング社製 精密成形機UL4000 1台
森鉄工社製 FBプレス「FB800-FDE」 1台
オークマ製 CNC旋盤 3台
オークマ製 マシニングセンタ 2台
牧野フライス製作所製 マシニングセンタ 2台
安田工業製 マシニングセンタ 1台
HERMLE製 同時5軸マシニングセンタ 2台
三菱電機製他 ワイヤ放電加工機 5台
三菱電機製 形彫放電加工機 2台
STUDER製他 円筒研削盤 6台
JUNG製他 平面研削盤 10台
HAUSER製 CNCジグ研削盤他 2台
MOORE製 CNCジグ研削盤 7台
ミツトヨ製 三次元測定機 1台
ZEISS製 三次元測定機 1台
東京精密製 真円度測定機 1台
日本ヘイズ製 真空熱処理炉 1台

フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置
▲フライアイレンズ成形金型用全自動研磨装置
第23回 神奈川工業技術開発大賞受賞
第2回 ものづくり日本大賞優秀賞受賞

ページの先頭へ

企業概要

企業概要
設立 1960(昭和35年)10月
資本金 80百万円
代表者 代表取締役  木田 成人
従業員数 97名
事業内容

精密塑性加工用フォーミングツール及びその周辺機器の設計・製造・販売

年商 19億円
主要取引先 ホンダエンジニアリング(株)
森鉄工(株)
東京特殊紙業(株)
(株)IHI
東海カーボン(株)
(株)豊通マシナリー
古河電気工業(株)

ページの先頭へ

交通アクセス

鉄道等
JR根岸線新杉田駅から金沢シーサイドライン11分「産業振興センター」駅下車1分
横浜横須賀道路並木インターから国道357号線福浦一丁目交差点左折300メートル

会社担当者・連絡先

会社担当者・連絡先
本社工場 横浜市金沢区福浦1-4-2
TEL:045-785-1111  
FAX:045-785-4488
URL http://www.showa-seiko.co.jp
E-MAIL user.1@showa-seiko.co.jp
担当者 営業部 部長 土肥 充
担当者 連絡先 TEL:045-785-1111  FAX:045-785-4488

ページの先頭へ

トップページへ

50音別企業一覧

50音別企業一覧