沿革

福祉振興財団トップページ ≫ 沿革

沿革

1972年 8月 「神奈川県経営者共済会」として共済事業を開始 
1975年 4月 神奈川県より財団法人の許可を得て、「財団法人神奈川県経営者福祉振興財団」となる
1976年 4月 事務所を横浜市中区山下町 産業貿易センタービルに移転開設
1984年 7月 災害共済制度「傷害補償」を発売開始
  11月 ハワイに海外保養施設「ワイキキ・バニアン」を開設
1991年 7月 福利厚生事業の充実と、利用促進を図るために「グリーンカード」の発行を開始
1995年 4月 中小企業支援のための法定健診・健康診断「健診料金補助制度」を開始
1997年 10月 厳選ホームページ検索エンジンの開始によりインターネット事業に進出
1998年 8月 中小企業支援サイトである県内の商品・製品・技術・サービスの検索情報サイト「産業Navi」を開始
  12月 ハワイの保養施設「ワイキキ・バニアン」を「ロイヤルクヒオ」へ移転
2002年 8月 高齢者向け災害共済制度「祝寿共済」を発売開始
2003年 7月 地域社会の福祉向上のため「かながわ福利厚生会」を発足
2004年 1月 災害共済制度「新・傷害補償」を発売開始
  5月 事業所を現在の横浜市中区元浜町に移転
2006年 8月 「プライバシーマーク」の使用許可認定を取得
2007年 5月 2007年3月に設立された「神奈川県福祉共済協同組合」との業務提携・業務委託契約を締結、「かながわ中小企業パートナー」として事業を開始
  10月 県内の商品・製品・技術・サービスの検索情報サイト「産業Navi」をリニューアルオープン
2010年 2月 かながわ「産業Navi大賞」を創設
2011年 4月 災害共済制度「祝寿共済 白寿」を発売開始
2012年 4月 災害共済制度「傷害補償<家族型>」を発売開始
2013年 10月 神奈川県より特定保険業の認可を取得
    災害共済制度「祝寿共済 白寿(1,300円コース)」を発売開始
2014年 3月 神奈川県より一般財団法人の移行認可を取得
  4月 一般財団法人としての事業を開始

 

pagetop